ライフ

最終更新日: 2019.06.1

年間10万円の節約!水2リットル60円台の無料配送サービスはコレ!

水2リットルを60円台で買う方法

ミネラルウォーター業界では、大人1人が1ヶ月あたりに飲む水を「月/12リットル」としています。1日あたり約800mlを飲む計算です。

もしコンビニで、毎日500mlの水を買うと、1本80円~100円。年間にすると、29,200円~36,500円にもなります。これって数年後を考えるとかなりの出費です。

じゃあ、どこで買うのが1番おトクなの?

ということで今回は、

「ウォーターサーバーの料金」「おすすめのネット通販」「2リットル60円台の水を買う方法」などなど、水に関する情報を一挙に紹介していきたいと思います。

ウォーターサーバー料金は高すぎ

会社でウォーターサーバーを使っていて、便利だから「家でも使いたい」と思う人もいるかもしれません。でもウォーターサーバーの料金は、どのメーカーも例外なく高くなります。

料金が安いっていう売り文句は、あくまでサーバーとの比較であって、量販店などのミネラルウォーターの価格と比べると明らかに高くなります。

ウォーターサーバーの相場(月々)

天然水(24リットル)
3,500円~5,000円(2~3人分)

RO水(24リットル)
2,500円~4,500円(2~3人分)

もっとも安い「RO水(水道水を加工した水)」の価格は、500ml=約50円。数字だけ見ると、かなり安く感じますが、2リットルで考えてみると200円。ちなみにペットボトルの天然水(2リットル)相場は、安くて60円台、高くても130円台になります。

毎月のサーバー料金には、電気代は含まれておらず、毎月300円〜1200円程の追加費用が掛かります。さらに1年~2年の設置契約をしてしまうと、期間内で解約する際は、5,000円~1万円の解約手数料なども発生します。

またウォーターサーバーには、毎月の最低購入量(ノルマ)を定めているメーカーもあります。「月/24リットル以上」「数カ月で何パック以上」など条件があるので、契約時には注意が必要。

ウォーターサーバーでもっとも多い設定相場となっている「月/4,200円」

これを年間費用で計算すると

天然水 24リットル= 月/4,200円
年間5万4000円+電気代(2人分)

天然水 48リットル= 月/8,400円
年間10万800円+電気代(4人分)

サーバーには、玄関まで運んでくれるというメリットもありますが、水を運んでくれるサービスは他にもあるので、最近はそのメリットは無いに等しい。違うメリットをあげるとすれば、いつでも熱湯が使えること、メンテナンスサービスになります。

ウォーターサーバーまとめ
ネットで「ウォーターサーバー」を調べると、ランキングや口コミを紹介したりするサイトがとても多いことに気づくと思います。これはサーバー紹介料として「売上1件につき/3,000円~1万円程度」の報酬が貰える仕組みがあるためです。それだけユーザーは、サービス以上の料金を支払っているのかも?

Amazon と LOHACO

私も以前までこれらのECサイトを利用。どちらで購入しても玄関まで運んでくれるので、とても便利です。その他のECサイト「楽天市場」などは、料金が高めに設定されています。もしネットでミネラルウォーターを買うなら、この2択。

たくさん購入するなら「LOHACO」

LOHACOは、税込みで1,900円以上を購入すると送料が無料になり、かなりお得に水が購入できます。デメリットは、毎回1,900円以上の購入をしなければならないこと。これは定期便も同じで1,900円以上の定期便にしないと送料が掛かってしまいます。買いたいものが他に無いときには、ちょっと使いずらい。

ロハコで安い2リットルの水!
お1人限定2箱まで「Lohaco water」(2リットル×5本)
1箱343円=1本あたり68.6円
(*価格表記は、2018.8.2現在)

1箱だけなら「Amazon」

水が1箱だけほしいときは「Amazon」がおすすめ。料金そのものは安くはないんですが、1箱だけなら比較的安く買うことができます。特にプライム会員は送料無料なので、ロハコで送料無料の条件をクリアできないときによく使っていました。デメリットは、プライム会員でないと送料が掛かってしまうことです。

アマゾン限定で安定価格!
2リットル「アルカリイオンの水」(2L×9本)1箱=1000円弱
(価格表記は2018.8.2現在)
商品の詳細はこちらから

 

最安!無料配送サービスの店舗

もっとも価格が安いのは、店舗で売られている水です。よくスーパーや酒屋さん(ディスカウント)で売っている箱売りです。デメリットは、自分で運ばないといけないこと。でもそれを解決してくれるのが、自宅まで配送してくれるサービスのある店舗です。

個人的によく利用させてもうらのは「ドイト」

あまり知られていませんが、ドイトには購入した商品の配送サービスがあるんです。地域や物によっては、対象外・有料になってしまう場合もありますが、私はミネラルウォーターのほかに、トイレットペーパー、ティッシュなど、かさばって運びづらい生活用品を一緒に購入して、配送してもらっています。もちろん送料無料!

ミネラルウォーターの価格は日によって変わりますが
1箱(2L×6)400円前後(1本あたり60円~80円)


先月は4箱(48リットル)を購入。料金は1,684円(税込)

天然水(2リットル×6本入り)の箱買い
400円×2箱(24リットル)=月/800円  =年間 9,600円(2~3人分)
400円×4箱(48リットル)=月/1600円=年間 19,200円(4~5人分)

ウォーターサーバー
天然水 24リットル= 月/4,200円
年間 5万4000円(2~3人分)
天然水 48リットル= 月/8,400円
年間 10万800円(4~5人分)

もう少し高いウォーターサーバーの料金と比べれば、年間10万円以上の節約も見えてきます。購入方法を変えるだけで、年間で最低4万円~8万円の貯金ができてしまいます。

その他のホームセンター

ドイト以外にも、ビバホームでも配送サービスがあります。もし店舗が近くにない場合は、少し大きめの酒屋さんやディスカウントショップでも対応してくれる場合もあるので、直接尋ねてみるのも良いかもしれません。

ホームセンターだと、水のためだけに買い物に行くことはあまりないと思います。ほかの日用品などが無くなったときに、ついでに購入するという流れだと利便性が〇。継続利用なら最初に水を購入するときに多めに購入しとくことです。

まとめ
もし年間4万~5万円を節約すると、羽田~石垣島の往復もできちゃうくらいです。少しお金を貯めて「どこかに行きたい」「欲しいものがある」って時には、この節約方法にチャレンジしてみてください!

 

  1. Pixel

    【Pixel3】急速充電する方法 – おすすめ充電器とケーブルを販売…
  2. Pixel

    【Pixel 4】おすすめ急速充電器|タイプ別ランキング
  3. iPhone

    【iPhone11】急速充電する方法|販売員が選ぶオススメUSB充電器【15選・…
  4. ライフ

    【Dyson Pure Hot+Cool レビュー】ヒーター×扇風機×空気清浄機…
  5. OPPO

    【OPPO Reno A】急速充電する方法|販売員おすすめの充電器とケーブルも紹…
PAGE TOP