Pixel

【Google Pixel 3a】Bluetoothイヤホン|おすすめランキング

2019年5月に発売された「Pixel3a」

Pixel3より価格が安く、スタイリッシュにまとめられた機能で人気のモデル。

最新の規格である【Bluetooth5.0】を搭載していて、好みのサブスクをワイヤレスで楽しむユーザーも増えてきています。ただその一方で「Bluetooth5.0」と言われても、どのイヤホンを選べばいいか分からない方も意外と多いようです。

そこで当記事では「Pixel3a」におすすめしたいBluetoothイヤホンをランキング形式で紹介します!

【Pixel 3a】ワイヤレスイヤホン|おすすめランキング

メーカー&価格情報まとめ

メーカー 価格
1位 SoundPEATS 3,980円
2位 GLIDiC 13,162円
3位 ゼンハイザー 34,780円
4位 Anker 7,999円
5位 GLIDiC 5,818円
6位 Bose 22,619円
7位 Anker 5,999円
8位 SoundPEATS 2,980円
9位 Jabra 24,183円
10位 NUARL 6,200円

*価格は2019.6.21時点/Amazon

 

1位 SoundPEATS

TrueFree+

created by Rinker
SoundPEATS(サウンドピーツ)

・コスパが良い
・Bluetooth5.0対応
・連続再生は最大4時間

とにかく安くて人気のある最新ワイヤレスイヤホン

2019年に発売され、そのコスパと機能性の良さから、すぐに人気に火が付いたイヤホンです。

Bluetooth5.0に対応しており、通信範囲が広がり接続が途切れにくいのが特徴。

また1回の充電で最大4時間の連続再生ができ、充電ケースを使うことで再生時間は最大36時間になります。

コスパを重視したい方にオススメです

 

2位 GLIDiC

Sound Air TW-7000


・ハイクオリティの音質
・連続再生9時間
・充電10分で2時間再生

2~3万円台に負けない音質と使いやすさが特徴です。

GLIDiCは、ソフトバンク系のイヤホンブランド。機能性が優れていて、連続再生時間は9時間と他と比べても圧倒的です。わずか10分の充電で2時間も再生できる「効率性能」は、ほかの高級イヤホンでも見られません。

音質と機能性の良さを求めるなら、この価格帯の選択肢は「TW-7000」だけという印象です。

予算1万円ほどで上質なイヤホンを探している方におすすめ!

 

3位 ゼンハイザー

MOMENTUM True Wireless


・連続再生4時間
・デザインが秀逸
・Bluetooth5.0に対応

音楽や映画の製作現場でも使われるドイツの音響機器メーカー「ゼンハイザー」

3万円以上する高級イヤホンで「高音質、機能性」はもちろんのこと、デザインにも美しさがあります。

アクセサリーのようなモダンなデザインで、ケースもファブリック素材が採用されており大人のイヤホンというイメージがぴったりです。

2年間の長期保証など、どの面においても一級品のワイヤレスイヤホン。

別格を体感したい方におすすめです。

 

4位 Anker

Soundcore Liberty Air


・タッチパッド操作
・最大5時間の連続再生
・低音重視のサウンド

低音が響くAnker製のBluetoothイヤホン

音を伝える振動板にグラフェン型(六角形)を採用しており、正確な振動が伝わる設計になっています。

伸びやかな高音と表現力のある低音が特徴的。

また遮音性に優れるので、賑やかな場所でも没入感のある環境を作ってくれます。

ケース充電を使うと最大20時間の音楽再生が可能です。

機能も豊富でタッチパッド、音声アシスタント、Bluetooth5.0にも対応しています。

機能性や低音を重視したい方におすすめ。

 

5位 GLIDiC

Sound Air TW-5000s


・最大8台のデバイス登録
・軽量コンパクト
・外音取込み機能

先に紹介したGLIDiC「TW-7000」の廉価モデル

ケースは約4cm四方のコンパクトで軽量な設計になっており、普段使いの持ち運びが苦になりません。外音取込み機能が搭載されており、リスニング中でも周囲の環境音や会話が聴くことができます。

ケース充電を使うと最大再生時間は10時間。最大8台のデバイスに登録可能です。

選べるカラーはブラック、ホワイト、ゴールド。

価格も安く、完全ワイヤレスの入門機としておすすめです。

 

6位 Bose

SoundSport Free wireless headphones


・パワフルでクリア音質
・スポーツ防水タイプ
・耳が疲れにくい

オーディオブランド「BOSE」

ブランドの代名詞になっているパワフルでクリアな音質のほか、防水設計で外れにくいデザインになっており、スポーツやアクティビティの環境でもフィット感に優れていて、長時間の使用でも耳が疲れにくい設計です。

1回の充電で最大5時間の連続再生ができ、ケース充電でさらに約10時間再生が可能。

また専用アプリを使うと「更新プログラム管理、紛失した場所を特定」など他にはない機能も魅力です。

スポーツ中に音楽を楽しみたい方におすすめ!

 

7位 Anker

Soundcore Liberty Neo


・Bluetooth5.0対応
・スタイリッシュなデザイン
・最大3.5時間の音楽再生

Anker製の2019年最新モデル

ケースを含めて、約51グラムの軽量スタイリッシュなイヤホンで持ち運びに便利。コーティングを施した外観が特徴的で、高級感のあるメタリックなブラックカラーが採用されています。

Bluetooth5.0対応で、1回の充電での連続再生時間は最大3.5時間です。防水仕様であり、イヤーチップにはウイングチップも付属。通勤通学から運動にも使えるのでユーザーからの評価も高い機種です。

予算5000円ほどの方におすすめ

 

8位 SoundPEATS

TrueFree

created by Rinker
SoundPEATS(サウンドピーツ)

・片耳再生モードあり
・とにかく安い
・連続4時間再生

低価格のワイヤレスイヤホン

ワイヤレスイヤホンとしては格安ですが、Bluetooth5.0、自動ペアリング、片耳再生モードなどスタンダードな機能を搭載。連続再生時間も最大4時間とバランスの良い仕様です。

ケースにはフタがないので、掃除などメンテナンスに手が掛かります。ただフタを開閉せずに、取り出せるため、使い勝手は良くなっています。

とにかくコストを抑えたい方にオススメ!

 

9位 Jabra

Elite Active 65t


・最大で5時間連続再生
・Blutooth5.0
・音質を好みにアレンジ

北欧デンマークの人気オーディオメーカー

最大の特徴は、専用アプリによるイコライザー(音源調整)機能により、自分好みの音へカスタマイズができることです。

例えば「リバーブを掛けたい、低音を強くしたい」など、臨場感のあるサウンド環境が思いのままにできるのは音楽好きにとっては嬉しいポイントになっています。

音質、機能、デザインと隙のない高品質なイヤホンです。

低コストなイヤホンを卒業したい人におすすめ!

 

10位 NUARL

NT01-BS


・軽くて疲れにくい
・ナチュラルサウンド
・最大5時間の長時間再生

MTI(中国系)のイヤホンブランド「ヌアール」

イヤホン本体は5グラムの超軽量タイプで、長時間の装着でも疲れにくい仕上がりです。

またクアルコム社の最新チップセットを採用。

15分充電で約1時間分の充電可能になっています。

音質は、歪みを抑えクリアなサウンドと自然な音の広がりを再現したチューニングになっています。

クラシックなどナチュラルな音質で聴きたい方におすすめです

 

まとめ

以上、Pixel3aにおすすめのワイヤレスイヤホンでした!

イヤホンを選ぶときのポイントは、Bluetooth5.0に対応しているか?スポーツでも使いたいか?など使う環境を想像して選ぶと失敗の可能性はぐーんと減らせます。

購入に迷ったときの参考にしてみてください。

 

ピックアップ

  1. イヤホン

    イヤホンの掃除方法|Airpods、カナル型、無線式などタイプ別に汚れの取り方を…
  2. HUAWEI

    【Huawei Honor Band 5 レビュー】買って後悔!オススメしない3…
  3. Xiaomi

    【Xiaomi Mi Band 4】充電1回で20日使えるスマートバンド【使い方…
  4. ライフ

    おしゃれで頑丈なダンボール・ボックス【Fellowes Bankers Box …
  5. iPhone

    【ESR】iPhone ケースを買って失敗した3つの理由【レビュー】
PAGE TOP