充電器

iOttie Wireless レビュー|小型でおしゃれなワイヤレス充電器

iOttie Wireless Review

おしゃれな充電器が少ない中で、存在感が際立つ「 iOttie iON Wireless 」

ファブリック(繊維)の素材感を生かし、暖かみを感じることができるデザインが特徴になっています。このモデルは、部屋の雰囲気を壊さないと評判で、個人的にも以前から注目していた充電器です。

そこで今回の記事では、 iOttie iON Wireless を徹底レビュー!

iOttieとは
アメリカのニューヨークを拠点とするスマホ周辺機器メーカー。主力製品は、ワイヤレス充電器、ワイヤレス・カーチャージャーです。おしゃれでモダンなデザインは他メーカーにはない強みになっています。

外観と付属品

まずは iON Wireless の外観やサイズ感などを紹介します。

パッケージ

製品品質のバロメーターとなるパッケージ

開閉はマグネット式で、中の製品も動かないようにフィットした設計。さすがにニューヨーク発のブランドだけあって、パッケージデザインも洗練されている印象です。開封する前から期待感がもてました。

付属品

同梱される付属品は4つ。

・充電パッド(本体)
・充電アダプタ
・USB-A to USB-C ケーブル
・取扱い説明書

説明書はほぼ英語ページで、数ページだけ日本語になっています。少し物足りないかもしれませんが、難しい操作はないので、これでも十分。

サイズ

iOttie Wireless の本体サイズは、かなりコンパクトです。

iON Wireless mini
9cm(センチ)
奥行 6.48cm(センチ)
高さ 1.8cm(センチ)
重量 66g(グラム)

1000円札と比較

重さも60gとMサイズの卵1個分くらいになっていて、これだけ軽いと持ち運びもできそう。

カラー

選べるカラーは「アイボリー、アッシュ、チャコール、ルビー」の4色です。

画像はアッシュ

アッシュは比較的どんな色にも合わせられるので使いやすいカラー。もし置くテーブルが黒やダーク系ならアイボリー、ルビーが映えます。

他メーカーだと、ブラックかホワイトしかない場合がほとんど。これだけカラーがあると、いろいろな雰囲気の部屋に合わせることができますね。

使い方

iON Wireless の使い方は簡単で、誰にでも分かりやすくなっています。

設置・操作方法

USBケーブルを充電パッドと充電アダプタに挿し、次に充電アダプタのプラグをコンセントに挿すのみ。

あとはスマホを置くだけでOK!

充電が始まるとLEDランプが点灯します。ちなみに iPhone11 だと置くと手に振動がくるので、充電ができているかは瞬時に分かります。

機能と性能

iOttie iON Wireless の充電性能とは?

最大出力

最大出力は、iPhoneなら7.5W、Androidなら10Wとなっています。どちらの機種を使っていてもユーザー側が設定する必要はなく、適切なパワーで自動的に充電がされます。

充電スピード

7.5Wで iPhone11 を充電すると、フル充電まで「4時間」

フル充電は、やはり時間が掛かると感じますが、50%なら「1時間35分」

スマートフォンの場合、ワイヤレス充電でもケーブル急速充電でも、後半になるにつれて充電スピードが遅くなるように設計されているので、フル充電だけはどうしても遅くなりがちです。

使用感と評価

ワイヤレス充電を使うとき、一番気になるのはスピードだと思います。今現在、発売されているワイヤレス充電器では、10Wは最速クラスです。その意味では、iOttie は速いワイヤレス充電器になります。

どの程度のスピードなのかを計測しているのでここで紹介します!

*スマホの充電に対しては、安全規制があるためワイヤレスは「10~12W」、USBケーブルを使った急速充電の「18W」が限度になります。

充電時間を計測
参考機種 : iPhone11(残量ゼロ)

充電時間 バッテリー容量
30分 18%
60分 34%
90分 49%
120分 62%
150分 75%
180分 87%
210分 96%
240分 100%

*時間は機種によって異なります。

デザイン性

iOttie – iON Wireless 最大の特徴であるデザインは、明らかに中国メーカーにはないもの。パっと見ただけでは充電器とは気がつかないので「なにこれ?」と聞かれることもありますが、やっぱりデザインは好評です。

自宅や職場には、ほかのワイヤレス充電器も置いていますが、聞かれたことはありません。黒や白の充電パッドは、やっぱり見ただけで充電器と分かるみたいですね。

スタンドタイプ

ファブリック素材は暖かみがあるので、部屋も性別も選ばないですし、おしゃれな充電器がないと感じているユーザーには特に喜ばれそうです。

サイズ感

とにかく小さくて軽い!パッケージを見ただけでも驚くと思えるレベルです。

その反面、充電できる位置はシビアになっていて、少しズレると充電モードにならなかったりすることがあります。パッドが小さいからこその問題ですが、充電モードになると振動で分かるので、あまり気にならないかもしれません。

 

コスト

iOttie iON Wireless のコストですが、正直安いとは思いません。でも通常タイプが5,000円を超えていた頃を知っているので、前より購入しやすくなった感覚はあります。

さすがに中国系のアンカーなどにはコストでは敵わないですし、これ以上安くできるのか?は未知数です。

評価

製品の評価としては、性能と価格のバランス取れていますし、なによりデザインに優れています。

いまのところ、他メーカーでは見つけられないワイヤレス充電器です。

まとめ

以上、iOttie iON Wireless の徹底レビューでした!

他社メーカーには、これぞ「充電器」というようなアイテムがほとんどで、どれも同じようなデザインが並んでいます。コストが安く同じモノでもいいのですが、iOttie のようなデザイン性の高い充電器がもっと増えてほしいと、どこかで期待してしまいます!

 

ピックアップ

  1. Xiaomi

    【Xiaomi Mi Band 4】充電1回で20日使えるスマートバンド【使い方…
  2. ガジェット

    【Anker SoundCore mini レビュー】15時間再生ワイヤレススピ…
  3. iPhone

    早く充電する方法|iPhone 全モデルで使える解決策!
  4. ガジェット

    【JPRIDE / JPT1 レビュー】テレビ音声を Bluetooth に変換…
  5. iPhone

    iPhone |埃を防止する Lightning コネクタ・カバー【レビュー】
PAGE TOP