スマホ

急速充電ケーブルの見分け方は?

こんにちは、マグ(MAG)です。

先日、スマホに使っているケーブルが急速充電できているのか分かりません。どうしたら見分けられるの?って質問がきたので、今回は充電ケーブルの見分け方について解説します!

急速充電ケーブルの見分け方

結論からいうと、ケーブルを見るだけでは見分けることはできません。

というのも、見てわかるのは、ケーブルの「形状」だけで、どんな充電規格が乗っているかまで判別できないからです。

見分けることは難しいですが、調べる方法はあります!

ケーブルの種類

最近は、ほとんどのユーザーが使っているケーブルは次のどちらかに分かれます。

・USB-C to ライトニング ケーブル (iPhone)
・USB-C to USB-C ケーブル (Android)

左がUSB-C 右がライトニング

Lightning ケーブルと USB-C ケーブルは

まったく形状が異なりますが

どちらも急速充電の規格は、PowerDelivery(パワーデリバリー)略して「PD」に統一されつつあります。

つまり、いま使っているケーブルが「PD対応」かさえ分かれば、急速充電ケーブルか、それ以外のケーブルか?判別することが可能です。

ただ最初にも言った通り「PD」は見ただけでは分からないため、使っている充電ケーブルがPD対応かどうか?を調べる方法を紹介します!

 

ケーブルを調べる

まずはケーブルを購入した履歴やパッケージ等から、持っているケーブルが分かる場合、どんなスペックなのか?を調べます。

製品スペック(仕様)を見れば、急速充電(PD)に対応しているかも分かるので、ひとつの判断材料になります。

もし PD 対応と表記されていれば、急速充電ができる可能性が高く、何も表記がなければ、急速充電は無理かもしれません。

ここがちょっと微妙なニュアンスになってしまうのは、最近は、メーカーのスペック情報が本当なのか?って製品がかなり出回っているためです。

ここ数年、アマゾン、楽天で取り扱う製品で「急速充電できなかった」というユーザーの声は目立ってきています。もしよく分からないメーカーから購入してしまった場合は、スペック情報はそこまで信頼しないほうがいいです。

逆にいうと、Anker などの大手ガジェットメーカーなら、スペック情報だけで「急速充電ケーブルなのか?」はハッキリと分かります。

もしメーカーが分からない / 調べられないときは、次の方法を試してみてください

 

時間を測って充電する

持っているケーブルの情報が全くないときには、実際にスマホを充電してみましょう。

まず、バッテリー残量を残り数パーセントまで使って「30分間だけ充電」

このとき 30 分で 約 50 % 以上の充電ができていれば、急速充電に対応したケーブルです。これはバッテリー容量の違う iPhone(8以降)や、Android機種(発売から3年)でも似通った結果になるので、一番分かりやすい方法かもしれません。

違うスマホなのに、どうして似たような結果になるのか?というと

急速充電(PD規格)は最初の1時間がとてつもなく速い充電で、バッテリー回復が 70 % ~ 80 % を超えると充電速度が遅くなるように設計されています。(これを ” トリクル充電方式 ” といいますが、バッテリーを守るために、ほとんどのスマホにも採用)

そのため最初の30分間で「急速充電ケーブルなのか?」は、ほぼ判別が可能です。

 

まとめ

少し前のスマホは PD 対応していない機種もあり、別規格「QC(クイックチャージ)」を搭載しているスマホもあります。

基本的には、PD対応のスマホ以外で、紹介した方法は使えないので注意。

どうしても知りたいときは、電流を計測できる USB チェッカーもあるので、それで調べられますが、チェッカーを買うなら、急速充電ケーブル(PD対応)を買ってしまったほうが安いです。

iPhone 用(Lightningポート)

Android 用(USB-Cポート機種)

 

日本では、Apple、Google、Samsung、SONY、SAHRP、Xiaomi も、ほぼ PD 対応のスマホになっています。

形状の違う USB-A、micro USB は、小型ガジェットのみって状況です。

 

ちなみにPD規格は、USB-Cにしか乗らない規格です。

そのため「USB-C to ライトニングケーブル」 か 「USB-C to USB-C ケーブル」しかありません。

USB-A の形状で急速充電(PD)は絶対にないので、そういった表記があったら嘘なので購入しないように!

ではまた!

 

ピックアップ

  1. イヤホン

    イヤホンの掃除方法|Airpods、カナル型、無線式などタイプ別に汚れの取り方を…
  2. ガジェット

    【Anker PD充電器 Atom Ⅲ Slim レビュー】持ち運びに便利なコン…
  3. ガジェット

    【Anker ワイヤレススピーカー / SoundCore mini レビュー】…
  4. iPhone

    iPhone |埃を防止する Lightning コネクタ・カバー【レビュー】
  5. 充電器

    【Anker ワイヤレス充電器 BasePad レビュー】iPhone & An…
PAGE TOP