iPhone



iPhone 13 急速充電する方法|販売員のオススメ充電器&ケーブルはコレ!

 

いよいよ、iPhone 13 が発売!

A15 Bionic チップが搭載され、より効率的なバッテリー消費になっていると話題。

当記事では、iPhone 13 が対応している充電スペック、急速充電の条件などを詳しく解説していきます。

後半では iPhone 13 で使えるおすすめ急速充電器とケーブルも紹介!

iPhone 13|急速充電する方法

バッテリーには、前作 iPhone 12 から少し変わったところもあります。

充電スペック

まずは、充電関連のスペックを確認していきましょう。

iPhone 13 バッテリー仕様
バッテリー容量 3,095mAh
ポート形状 Lightning
急速充電 20W
急速充電の規格 PD(PowerDelivery)
ワイヤレス充電(MagSafe) 15W(ワット)
ワイヤレス充電(Qi) 7.5W(ワット)

バッテリー容量は、iPhone 12 と比べると約 10 %増加しましたが、Lightning(ライトニング)ポートが継続され、ほかの充電機能も iPhone 12 からの変更はありません。

急速充電になると 30 分の充電で、約 50 % 回復するスピードになっています。

 

急速充電の条件

iPhone 13 を急速充電するのに必要なものは

20W以上の出力ができる充電アダプタ(PD対応)です。

ただ iPhone 13 に同梱されるのは、USB-C to Lightning ケーブルだけで、充電器を持っていない場合は、別途購入する必要があります。

Pro シリーズ以外の急速充電は「別で買ってね!」というスタンスは、アップルの伝統です。2020年 iPhone 12 と同時発売された 20 Wの充電器は、サイズも大きく 2,200円(税込)と割高感があります。

1,683円 / Amazon 2021.9.18 時点

ただなぜか Apple ストアで買うよりも アマゾン の Apple ストアの方が安いって不思議な現象が起きていて、この価格ならひとつの選択肢に入れておきたいところです。

 

急速ワイヤレス充電は「MagSafe」一択

ワイヤレスで急速充電ができるのは「MagSafe」だけ

Apple 純正の MagSafe は、約 5,000 円で、これに充電器(20W)が別途必要です。

とにかくワイヤレスで早く充電したいってユーザーは、MagSafe だけしか選択肢がありません。

知っておきたいポイントは MagSafe は、磁石でくっつくワイヤレス規格の名前で、MagSafe 対応のワイヤレス充電器は他のメーカー(サードパーティ)でも作られています。

たとえば、MagSafe 対応の車載充電器だったり、iPhone、Apple Watch、AirPods を 3 台同時充電することができる Belkin(ベルキン製) の MagSafe は売れ筋のアイテムです。

 

iPhone 13|おすすめ充電器とケーブル

ここまでに紹介した以外にも iPhone 13 を急速充電できるオススメの充電器とケーブルをピックアップ!

メーカー 価格
1 ELECOM 1,280円
2 Anker 2,000円
3 Belkin 2,080円
4 Anker 4,490円
5 Anker 4,790円

*価格は 2021.9.18 時点/Amazon

 

1. ELECOM

EC-AC09WH


・コストが安い
・最大出力は20W
・折り畳みプラグを採用

1,280円とコスパ抜群のエレコム製チャージャー

USB-C シングルポートを搭載した、最大出力20W(ワット)の PD 対応モデル。価格に見合わず iPhone 13 を 30 分で最大 50 %充電できる充電性能があります。

若干サイズが大きいところは欠点ですが、折り畳み式プラグが採用されており、ギリギリ持ち運びできる設計です。

急速充電ができてコストを抑えたいユーザーにおすすめ

 

2. Anker

PowerPort III 20W


・純正品よりコンパクト
・持ち運びがしやすい
・最大出力は20W

最大 20 W 出力ができる Anker 製のコンパクト充電器

21年発売の新モデルで、全ての辺が 4 cm 以下とアップル純正の充電器(20W)よりもコンパクトなサイズ感です。

折り畳み式プラグを採用し、バッグから出し入れするときに引っ掛かりにくく、ハードな日常使いを意識したデザインになっています。

最低限の機能と扱いやすいシンプルさが魅力!

 

3. Belkin

BOOST↑CHARGE WCB004dqWH-A


・最大出力は 32 W
・出力ポートが 2 口
・コンセント縦型のデザイン

カリフォルニア発のブランド「Belkin」から発売されているダブルポート・チャージャー

本体には、USB-C と USB-A の2つのポートを搭載していて、USB-C 側で最大 20 W。USB-A 側で最大 12 W のパワーで充電ができます。最大 2 台同時充電ができるため、デバイスを 2 台持っているユーザーに嬉しい特徴です。

壁コンセントに相性がいい縦型デザインで、使う場所の印象をスッキリすることができます。

 

4. Anker

PowerPort Atom III 63W Slim 


・4台同時充電ができる
・卓上タイプの充電器
・最大出力63Wの高出力タイプ

デバイスを4台まで同時充電できる卓上充電器

本体は、USB-C と USB-A ポートを 2 つずつ搭載し、USB-C ポートは、最大出力 45 Wで MacBook Air なら約 2 時間でフル充電できるパワーを持っています。

USB-A ポートは合わせて最大出力 15 Wで、複数のガジェットを一気に充電できるスペックが特徴です。

付属する 1.5 メートルの充電ケーブルを使えば、コンセントから離れたデスク上にも置くことができるため、場所に縛られにくいのもポイント!

iPhone 13 のほかワイヤレスイヤホン、カメラ、ウェアラブル機器など手持ちデバイスが多いユーザーにおすすめです

 

5. Anker

PowerCore Fusion 10000


・充電器&モバイルバッテリー
・最大出力は20W
・iPhone 13 を約  2  回フル充電

充電器とモバイルバッテリーを合体させたモデル

プラグをコンセントに挿して使えば充電器、本体と iPhone 13 をケーブルで繋げばモバイルバッテリーに。

1 台で 2 役をこなすユニークな発想だけじゃなく、USB-C と USB-A の 2 種類ポートを搭載し、ほとんどのスマホに急速充電ができる出力 20 W(ワット) の実力派です。

バッテリー容量も iPhone 13 を約 2 回フル充電できるので、外出先でバッテリー切れの心配がなくなります。

家でも外でも充電したいユーザーにおすすめ

 

まとめ

以上、iPhone 13|急速充電する方法とおすすめ充電器でした!

メーカー 価格
1 ELECOM 1,280円
2 Anker 2,000円
3 Belkin 2,080円
4 Anker 4,490円
5 Anker 4,790円

*価格は 2021.9.18 時点/Amazon

ちなみに iPhone 13 に付属しているライトニングケーブルは、急速充電にも対応しています。

もし使えなくなったり、予備ケーブルがほしいときには「Anker – PowerLineⅡ」がオススメです。

Anker PowerLine II USB-C & ライトニングケーブル

コストもアップル純正(1m=1,980円)より安く、ケーブルの長さが「0.9 m、1.8 m、3 m」から選べます。

カラーもホワイト、ブラック、グリーンの 3 色で展開されており、充電器と合わせやすい。

もう少しコストを掛けられるなら「Anker – PowerLine Ⅲ Flow」も選択肢に入ってきます

絡みにくいケーブルとしてジワジワと人気が上がってきたシリコン素材のケーブルです。選べるカラーも 5 色と豊富で、充電器コーデの世界が広がります。

ではまた!

ピックアップ

  1. ガジェット

    【Anker PD充電器 Atom Ⅲ Slim レビュー】持ち運びに便利なコン…
  2. iPhone

    【ESR】iPhone ケースを買って失敗した3つの理由【レビュー】
  3. Xiaomi

    【Xiaomi Mi Band 4】充電1回で20日使えるスマートバンド【使い方…
  4. ライフ

    【Dyson Pure Hot+Cool レビュー】ヒーター×扇風機×空気清浄機…
  5. iPhone

    iPhone |埃を防止する Lightning コネクタ・カバー【レビュー】
PAGE TOP