ライフ

【エバーフレッシュ】種から育てる方法!挿し木より難しいけど可愛い

こんにちは、マグ(MAG)です。

いまリビングに置いている「エバーフレッシュ」に 3 年前から種ができるようになっており、せっかくなので種からも育てることに。

何度か失敗しましたが、今年は発芽から2か月目まで順調に育っています。少しコツがわかったので、今回は、エバーフレッシュを種から育てる方法を紹介します。

エバーフレッシュ|種からの育て方

エバーフレッシュは、マメ科の植物。ネムノキの仲間。まずは、どういう流れで種ができるのかを紹介します!

種ができるまで

エバーフレッシュの種が全然できないと悩む方もいるようですが、樹齢が若いと花の数も少ないので、種ができにくいです。

ただ花が咲いているなら、種はできる状態です。

何もせずに室内に置いてるだけでも結実したこともありますが、少し手を貸して受粉をすると、いくらか種ができやすいと感じています。

開花した状態

花が開花したこのタイミングで、あっちこっちの花に綿棒を使ってポンポンっと優しく受粉。

数が少ないと確率は低くなってしまう気がするので、できるだけ多くの花にしています。

受粉は意味がないという情報もあるので、この方法で絶対に種ができるとは言えませんが、毎年5~6は安定して種になっています。何もしないと1,.2つできたらラッキーです。

もし受粉するのが面倒なときは、花が咲いたタイミングで風の当たる室外に置くようにします。

受粉がうまくいくと、花が咲いていた中心から「種鞘」ができます。

まっすぐなサヤや、丸まっているサヤも。

成長すると綺麗な茜色に。熟すと種が落ちそうなくらいサヤが割れてくるので、このタイミングでサヤごと切り取ります。途中で成長が止まってしまった小さな種があっても、これ以上は成長しないため、割れて落ちる前に切るのがベストです。

落種ギリギリのタイミングは、種と鞘が糸で繋がって宙ぶらりんの状態になります。

種まきのタイミング

自然界では、種が割れたタイミング(夏・秋)で下に落ち、そのまま翌春に発芽するので、通常なら春(3月頃)が種まきのタイミングです。

とはいえ、室内置きだと花が咲く時期も不安定になり、タイミングに迷うこともあると思いますので、実践した方法とタイミングを紹介します。

屋外

種を収穫したタイミングで、そのまま種を植える方法。種が新鮮なときに水分を含ませ、発芽スイッチを入れ、風通しのいい半日蔭に置きます。最も発芽率も高くて、成長が早いと思います。季節は春・秋の気温がベストで、夏・冬だと難しいです。

室内

種が乾燥していたり、元気が無さそうな種を、水を含ませた綿、キッチンペーパーなどで十分に水分を吸わせた状態のまま、室温で発芽させる方法。ほとんど季節に関係なく発芽できるのがメリットですが、やや発芽率は落ち、時間も多少かかります。

4月に摘み、そのまま蒔いた種

種の真ん中から割れて発芽。

早い子だと1週間ほどで発芽しますが、遅い子は少し遅いです。

土壌は、ホームセンターでも売られている「花・木用や、観葉植物用の土」が使えます。

ポイントは、「種を深く埋めすぎない」「乾燥させないこと」です。上の画像は、わざと土を除けて撮影していますが、頭に土が掛かるくらいで発芽しています。

最初は充分に水をあげて、発芽スイッチを入れ、そこからは土の表面が乾燥してきたら水を与えるようにします。種が動いてしまうのが心配なときは、プラントの下にバケツを置き、下(土)から水を吸わせる方法でもOKです。

 

発芽から成長期

エバーフレッシュは発芽が始まれば、すくすく育ちます。

風通しが良くて、それほど長く日が当たらない場所「ベランダ」や「半日蔭」などに置きます。

エバーフレッシュの発芽率が高いようで、今回は8割以上が発芽しています。

発芽から4~5日目

発芽から1週~2週目

5本くらい育てばいいな~と簡単に考えてましたが、ほかのプランターにも蒔いてしまって全部で18本…このままだとネムの密林になりそうです。

種蒔きは小分けにするのが普通なので、わたしのように同じプランターに蒔きすぎないようにします。

発芽から3週~4週目

エバーフレッシュは、長い時間の強い日差しは苦手ですが、丈夫で育てやすいのが魅力です。室内置きしている方が多いと思いますが、ときどき屋外の光や風を当ててあげると、やっぱり元気に育ちます。こんなに小さくても、夕方~夜になると葉を閉じてネムるのが可愛いです。

この頃の新芽は、葉がとても柔らかくて虫さんの大好物です。

この頃、防虫対策をしていなかったので、全部に虫がついてしまいました!今回は気が付いたタイミングが早かったので助かりましたが、4本はダメに…

日頃からの対策としては、霧吹きより細かいミストスプレーを使うと新芽への負担が少ないのでオススメです。

 

もし葉の色が変わって葉の裏などに小さな虫がいたら、花用の殺虫剤で様子をみましょう。

 

まとめ

以上!「エバーフレッシュ・種からの育て方」でした。

種ができる親木は、4年前に購入したときで樹高1.8m(現在2.2m)で、室内だと花がいつも咲いているほど元気です。

もし種を付けたくないってときは、花芽を先に積んでおくと掃除が楽に済みます。今年は、木を休ませるために花芽をすべて摘んでいて、次はしっかり種を育てて、植物が好きな方にプレゼントしようかと考えています。

ではまた!

 

エバーフレッシュの種
もし種が欲しい方がいらしたら、現在無料でお配りしています。なお宛先となる住所は、個人情報保護のため、ご指定の郵便局(局留め)に限定させていただきます。詳しくは、メールフォームからお問い合わせください。
次の種の収穫時期 / 未定

ピックアップ

  1. iPhone

    iPhone |埃を防止する Lightning コネクタ・カバー【レビュー】
  2. ライフ

    【Dyson Pure Hot+Cool レビュー】ヒーター×扇風機×空気清浄機…
  3. ガジェット

    【JPRIDE / JPT1 レビュー】テレビ音声を Bluetooth に変換…
  4. Xiaomi

    【Xiaomi Mi Band 4】充電1回で20日使えるスマートバンド【使い方…
  5. iPhone

    【ESR】iPhone ケースを買って失敗した3つの理由【レビュー】
PAGE TOP