iPhone

【CASEFINITE / Frost Pro レビュー】 iPhone 用の耐衝撃ケースを使ってみた

 

前回紹介した 軽すぎる iPhone ケース「Frost Air」

新鮮な驚きで、久しぶりにワクワクした感覚がありましたが、今回は、 同じ「ケースフィニット」というメーカーから最近発売された「Frost Pro」の特徴や、使った感想を交えて徹底レビューしていきます!

CASEFINITE(ケースフィニット)
スマホケースを作っているメーカーで、シンプルで無駄なものを削ぎ落したミニマル系のデザインが特徴。日本では、iPhone 専用ケースが発売されており、ソフトケース、ハードケース、ハイブリッド、手帳型ケースまで揃えています。対応モデルは、iPhone7 以降 ~ iPhone SE(2020)の最新機種まで。

【CASEFINITE】Frost Pro レビュー/ iPhone11ケース

ケースフィニットから発売されている「Frost Pro」

最新モデルとして、どんな実力があるのか楽しみです。

パッケージ&外観

まずは「Frost Pro」のパッケージや外観をチャックしていきます!

パッケージ

Frost Pro も綺麗なホワイトパッケージ。

外観

開封してみると、パっと見で Frost Air よりもケースの厚みがあるのが分かりました。

Frost Air と、どんな機能に違いがあるのか?詳しく見ていきましょう!

 

特徴

Frost Pro の分かりやすい特徴を3つ紹介!

衝撃に強い

もっとも分かりやすいのはケースに肉厚があること

重さは29グラム

厚みは1.8ミリ

29グラムという重さは、Frost Air (8g)と比べてしまうと重い印象になると思います。ただ一般的なケースだと標準的ですし、手帳型ケースと比べると軽い部類に入ります。

Frost Pro の場合は、素材に厚みをもたせた重さで、そのぶん「衝撃に強い」のが大きな特徴です。

ボタンやコーナーの衝撃を分散するデザインを見ても Frost Pro は、耐衝撃に特化していますし、操作性を落とさないためのデザインが意識された作りになっています。

それにしても、やっぱり素材加工(カット技術)が綺麗!

 

液晶保護

液晶保護にも注目したいポイントがあります。

液晶の保護設計とは、ケースが画面よりも高くなるよう設計し、iPhone をうつ伏せにした時でも、画面が接地面に触れない仕様です。

耐衝撃ケースとしては、どのメーカーもやっているんですが、画面を割りたくないユーザーには、厚い保護フィルムを貼るって人もいて、ケースよりフィルムが高くなってしまうことも。

0.8mm厚のフィルム

その点、Frost Pro は、画面から約1mm(実測)の高さがあって、フィルムを選ばない設計になっています。

実は1.5mmくらいまで高くなると操作性は極端に悪くなってしまうんですよね。

 

着脱しやすい

触ると分かるケースの柔軟さ

ケース自体が衝撃を吸収するよう柔軟性を持たせているため、それが着脱のしやすさに繋がっています。

片手でコーナー部分を外すことも可

この着脱のしやすさは「iPhone をそのまま使う」をコンセプトにしている Frost Air との大きな違いにもなっています。

着脱のしやすさは、本体のメンテナンスや、ケースの掃除に直結する要素になるので、キレイ好きなユーザーには嬉しい機能性です。

 

評価

Frost Pro を使ったとき iPhone が守られてる感は抜群です。

使用感

見た感じの厚みが気になるかもしれませんが、1.8mm厚のせいで扱いにくくなったり、分厚さを感じる不自由さはそれほどありません。

もちろん、ケースを装着したまま ワイヤレス充電(Qi)、電子決済 Apple Pay(Suica、クレジット決済)もスムーズに利用できました。

Appleロゴの浮かび上がり

ケースの柔軟性は、持ったときのグリップ感を増してくれて、滑り落とすリスクも低減してくれます。

またボタン操作でも指先が入りやすい設計になっていたり、電源や音量ボタンのマークが分かりやすく配置され、操作性を落とさない工夫も見られます。

ストラップホールもあり

特徴にもあるように、かなり着脱がしやすくメンテナンスしやすいケースですが、ケース自体は脂質や指紋汚れが目立ちにくくなっており、「掃除するのは面倒!」っと感じるユーザーにも喜ばれそうな機能性になっています。

評価

トータルで考えても、耐衝撃ケースとしての完成度は高いです。最近は、あまりに衝撃に強くするあまり、ごつ過ぎるケースが多く、持ち運びや、操作性が悪くなるってことが結構あります。

Frost Pro は、耐衝撃ケースとしての機能はもちろんのこと、機能的なバランスを考えてるなぁと感じる部分があって、ユーザー目線を持っていると感じました。

iPhone11 で選べるカラーは、クリア(半透明)の1色。

衝撃に強く、操作性も求めたい方におすすめ

CASEFINITE – FROST PRO
¥3,499

公式ストアはこちらから

 

まとめ

Frost Air と違った耐衝撃ケース「Frost Pro」

ユーザーが傷から守りたい、操作性も守りたいってニーズに応えてくれます。

最近、アマゾンには安くて残念なケースが非常に多くなっていて、どれが良いメーカーか分かりづらくなっています。CASEFINITE は、技術力を前面に押し出しながらも「これがほしい!」っていうユーザーのことを考える、それが実感できました。

今後も楽しみなメーカーですね。

 

ピックアップ

  1. 充電器

    【Belkin Boost Charger レビュー】Quick Charge …
  2. ガジェット

    【JPRIDE / JPT1 レビュー】テレビ音声を Bluetooth に変換…
  3. iPhone

    iPhone |埃を防止する Lightning コネクタ・カバー【レビュー】
  4. Xiaomi

    【Xiaomi Mi Band 4】充電1回で20日使えるスマートバンド【使い方…
  5. 充電器

    【Anker PowerWave BasePad レビュー】iPhone と A…
PAGE TOP