イヤホン



VGPってお金を払えば受賞できるの?|オーディオ・ビジュアル・アワード

こんにちは、マグ(MAG)です。

みなさんは VGP って聞いたことありますか?オーディオ機器の業界では、有名なアワード(賞)で、一般人でもテレビやオーディオ機器などを選ぶときに、この「VGP」を参考にしている人も意外と多いようです。

そこで今回は、VGP についてチョット調べてみました!

VGPとは

VGP とは、オーディオ機器、テレビ、カメラなど幅広いカテゴリーから、審査や選考を通して授与される賞のことです。

簡単に説明するならオーディオ・ビジュアル界の「アカデミー賞」のようなもの。

もともと 1987 年にスタートした VGP(当時 / ビデオ・グランプリ)は、映像と音響カテゴリーだけの小さなアワードだったようです。しかしその後は、より幅広いカテゴリーを対象にして、日本国内で最大規模のアワードになっていくことになります。

まず応募されたオーディオ・ビジュアル製品から、評論家 10 名(VGP審査員)と全国の有力販売店が選考に参加。その後、各カテゴリーから受賞モデルが発表されるというのが基本的な流れです。

主催は「株式会社 音元出版」

あの PHILEWEB 等を運営している有名な企業さんですね。

似ているアワードだと「グッドデザイン賞」や「モンドセレクション」のほうがイメージはしやすいかも。

VGP 受賞までの流れ

受賞までの流れを少し詳しく!

エントリー

メーカーが作った製品を選考してもらうためには、年に 2 回(夏・冬)開催される VGP へエントリーしなくてはなりません。

つまり VGP は、世界中から優れる製品を探しているアワードではなく、あくまでエントリーした中(メーカー自薦)から選考されます。

これはグッドデザイン賞や、モンドセレクションと同じ。

逆にエントリーしないと「どんなに素晴らしい製品」でも VGP を受賞することはないようです。

エントリーにかかる費用などはサイト上では公表されていませんが、おそらく費用は必要になると思います。

ちなみに、グッドデザイン賞は「一次審査 1 万円、二次審査 6 万円。受賞展覧会へ出展 12 万円、 年鑑の掲載料 3 万円。ロゴ使用料 20 万円」とも言われています。

 

選考方法

最初の選考は、販売店と審査員による投票です。

エントリーされたすべての製品に対して、家電量販店や全国の有力専門店と、全 10 名の VGP 審査員が選考し、投票していきます。

投票のポイントになるのは、クオリティ、機能性、市場性など

投票が終わった後に、VGP審査員 10 名が「映像音響部会」「ピュアオーディオ部会」「ライフスタイル分科会」に分かれ、それぞれ計 3 回の審査会が行われ、ここで最終的な受賞モデルが決定されていきます。

受賞後

結果は Web メディアを始め、フリーマガジンの「VGP受賞製品お買い物ガイド」、ホームシアターの総合誌「ホームシアターファイルPLUS」などで発表されます。

もしメーカーが「わたしたちが作った製品は、VGP を受賞しました!」と表記したいときは、おそらくロゴ使用料などが発生するでしょう。わたしたちも家電量販店や、アマゾンで【 VGP 受賞モデル】と掲げている表記や POP なんかを目にする機会は多いですよね。

 

VGP への疑問

よくあのロゴ見るけど、VGP ってどうなの?

受賞する確率は?

公式サイトの情報によると VGP 2021(SUMMER)には、およそ 2,000 モデル(製品)がエントリーしたとのことです。

では、2021(SUMMER)で受賞した製品はいくつある?

想像以上に数えるのが大変でしたが、エントリーされた 約 2000 製品のうち、VGPを受賞したのは 約 988 製品金賞を含む)です。

え?半分も受賞しちゃうの!?と思うかもしれませんが、その通りです。

あくまで VGP 2021(SUMMER)にかぎっての受賞確率なら「おおよそ 5 割」といえそうです。ただし、一定のクオリティを越えた製品が5割あったという結果なので、絶対に半分が受賞できるということではないでしょう。

知っておきたいのは、受賞に至るまでの「評価基準」や「審査の詳細」は分からないということです。

 

お金を払うと受賞できる?

これはわかりません。

受賞していない製品が半分あるので、さすがに無理ってことかな?とも感じます。

ただ「審査員と販売店の選定方法」「評価基準」「費用」「落選した製品」など、このあたりはクローズドな情報になっているため、実際にどういうシステムになっているかは、謎に包まれています。

 

受賞した製品の信頼度は?

ここも難しいところですが、あくまで個人の意見としては信頼していません。

その理由は、「不透明さ」です。

例えば、VGP 2021 SUMMER で受賞した「4K有機ELテレビ」のカテゴリー

4K有機ELテレビ(70型以上) 4K有機ELテレビ(50型以上60型未満) 4K有機ELテレビ(50型未満)
金賞 SONY XRJ-83A90J 金賞 PANASONIC TH-55JZ2000
受賞 TOSHIBA 55X9400S
受賞 SONY XRJ-55A90J
受賞 HISENSE 55X8F
受賞 SHARP 4T-C55DS1
金賞 TOSHIBA 48X9400S
受賞 SONY KJ-48A9S
受賞 HISENSE 48X8F
受賞 PANASONIC TH-48JZ1000
受賞 SHARP 4T-C48CQ1

*受賞データは、VGP公式より引用

同じメーカーでもサイズが変わると金賞だったり、受賞になったりと、評価基準が変わった?かのような動きがあります。同型にあるスペック差や、画面サイズで変わった?評価基準についての説明もないため、おとなの事情を感じちゃうところです。

ほかにも落選した製品を公開していないこと。

もちろん、メーカー側からしたらイメージ悪化を防げますし、主催側としても、年 2 回の取引相手であるメーカー側に寄り添うのは当然です。

でも、ユーザーにとってはどうでしょう?

落選した製品のダメだったポイントは知りたい情報だったりします。

知りたい情報をオープンにしていない状況ってユーザーを見れていない気もしますし、メーカーへの「配慮(販売貢献)」が膨らんじゃうと、ブラックボックス化しやすくなりそうですよね。

だって、お金を払ってくれるメーカーに「クオリティ落ちてるぞ、ちゃんといいもの作れ」とは言いづらいもん!

そういうこともユーザーが見れるようになると、メーカーも緊張するし、ダメ出しされない製品を作ろうと頑張ります。主催者は、ユーザー視点でいつも外さないから、評価した製品がバンバン売れていくって流れになると最高ですよね。

もちろん売上の波はできちゃいますが、透明性のあるほうが信頼できませんか?

 

まとめ

日本では、サステナブル(持続可能な社会)という言葉が先走りしていると思いきや、世界では原価率をオープンにしちゃってるファッションブランドが続々と登場してきています。これからは間違いなく「透明性」「倫理観(道徳)」が企業にとって非常に大切なものになります。

もしわたしが VGP という賞に透明性はありそう?と友達から聞かれたら「ない」とキッパリ

でも VGP 批判ってわけではなくて、地球の資源を無駄にするメーカーはあるわけで「こういうクオリティ、機能はダメだよ」って言えるオープンな場だったり、評価基準を見せられたら、もっと格式高いアワードになるし、ユーザーが進むべき道を照らしてくれるのかなと思っています。

ではまた!

ピックアップ

  1. 充電器

    【Anker ワイヤレス充電器 BasePad レビュー】iPhone & An…
  2. イヤホン

    イヤホンの掃除方法|Airpods、カナル型、無線式などタイプ別に汚れの取り方を…
  3. ライフ

    アスパラガス・マコワニーの育て方|枯らさないコツは光と水!
  4. ガジェット

    【Anker ワイヤレススピーカー / SoundCore mini レビュー】…
  5. ライフ

    【Dyson Pure Hot+Cool レビュー】ヒーター×扇風機×空気清浄機…
PAGE TOP