充電器

【AUKEY PA-F1 レビュー】1,000円台で買える!PD対応の急速充電アダプタ

こんにちは!マグ(MAG)です。

先日、小さい充電アダプタをAmazonで探していたら、AUKEY「PA-F1」という充電アダプタを見つけました。価格も安く、スマホを急速充電できる 18 W出力の充電アダプタということで、さっそく購入!

AUKEY PA-F1|製品レビュー

今回は AUKEY PA-F1 を使って感じたことを詳しくレビューしていきます

 

パッケージ&外観

まずは、AUKEY PA-F1 のパッケージと外観を見ていきます。

パッケージ

質素なパッケージで、ここにはお金はかけていない?

質素とはいえ、箱に埃が入らないように箱にラッピングはされているので、箱が汚れてるってことはなく、必要最低限のシンプルなパッケージという印象です。

外観

では開封して中身をチェックしていきます!

デザインは、スタイリッシュ

触った感触は、薄くエンボスコーティングしたようで肌触りが良くなっています。ポートは、USB-C 1口で、ポート下には PD と表記されています。選べるカラーはホワイトとブラックの2色です。

パッケージ内容

・アダプタ本体
・取扱説明書

パッケージ内容は、本体のみになっており、充電ケーブルなどの同梱品はありません。説明書は、英語や日本語など6か国語で書かれていますが、特に分かりにくい説明はなかったです。

 

特徴

AUKEY PA-F1 の特徴は?

コスパがいい

パッケージからも分かるように、必要以外のコストを抑えていることは「AUKEY PA-F1」の魅力です。

18Wの充電器としては 1,500 円以下で買えるモデルは少ないですし、ちゃんと使えるものという条件を入れると、その数はもっと絞られてきます。

出力 18 W ~ 30 Wなら、概ね 3,000 円程が相場になります。それに充電ケーブルを足すと 4,000 円~ 5,000 円に収まるって感じです。

PA-F1 なら、別途ケーブルを買っても 3,000 円に抑えられるので、他の充電器と比べるとコスパに優れています。

軽量でコンパクト

もうひとつ特徴を挙げるなら、軽くて小さいこと

全体サイズも「4.4 × 4.3 × 2.8センチ」とコンパクトな設計になっていますし、重量は「57グラム」と、たまご1個分くらいの重さです。

通勤通学にも持ち運べる大きさになっていて、バッグの小口ポケットにすっぽり入ります。

また電源プラグは折り畳み式で、収納の邪魔にならないようになっています。

どちらかというと PA-F1 は、価格もサイズも、よりハードな使い方になりがちな「携帯用」として使える特徴を持っているといえそうです。

 

評価

AUKEY PA-F1 を使って分かったメリット&デメリットをまとめていきます。

使用感

まず機能について、18Wの充電器ということで、パワーが足りないと感じることがあります。特にタブレット、Macbook など、最低でも 30 Wがほしいデバイスだとパワー不足は否めません。

スマートフォンだけなら、ほとんどの機種で急速充電ができ、実際にテストした iPhone11 では 30 分で 50 %の充電スピードが出ており、PD対応は確認済みです。

また USB-C ポートが1口だけなので、各デバイスを同時充電できないというデメリットもあります。スマホ2台持ちなど、普段から複数デバイスを使っている人にとっては不便さを感じるポイントです。

イヤホン、スピーカーなど充電が必要なガジェットは年々増えているので、もう1つ USB-A ポートがあってくれると、いちユーザーとしては使いやすかったと思います。

とはいえ、自宅でも職場でもノートPCを使っているなど、他にも USB 給電ポートのあるユーザーなら特に気にならないポイントでもありますし、そこは使う環境次第かなという印象です。

手のひらにちょこんと乗せられるコンパクトさで、日常で持ち運びしたいという欲求に応えられるデザインになっています。

縦サイズが、4.5 cm以下になっており、他のコンセント口を邪魔しないことは使いやすさに直結しています。

ただし、小さいといっても胸ポケットなどに入れると、2.8 センチは若干厚みを感じるので、洋服のポケットで携帯するって使い方には向きません。どちらかというと、バッグなどのポケットに入れることが前提となったデザインです。

 

評価

どんな充電器にも使いやすさと使いづらさはありますが、AUKEY PA-F1 は、持っているデメリットを打ち消してしまう「コスパ」があります。

18Wの急速充電できるアダプタとしては、とにかく価格が安くて、誰でも手にしやすいことが最大のメリットです。

こんなユーザーには向かない
・2台同時に充電がしたい
・18W以上の高出力モデルが欲しい
・ケーブルとセットで探している
こんなユーザーに向いている
・コスパを重視したい
・小さいPD充電器がほしい
・雑に扱える予備がほしい

もし向いている条件に当てはまるなら使い勝手も良くおすすめできるモデル。

 

まとめ

以上!「AUKEY PA-F1」徹底レビューでした。

かなりコスパに優れている充電器なので、携帯用としてかなりハードに使っています。万が一、壊れてもそこまで気にしなくていいコストは何より魅力的でした。

ひとつ注意したいのは、PA-F1 には、充電ケーブルが付属していないので、PD対応ケーブルを持っていないユーザーは別途購入する必要があります。

iPhoneユーザーは「USB-C to Lightning ケーブル」

Androidユーザーは「USB-C to USB-C ケーブル」

購入前に使いたいデバイスの充電ポートを確認してみてください。またケーブルは充電器と同じカラーを選ぶと見た目もしっくりします。

ではまた!

 

ピックアップ

  1. イヤホン

    イヤホンの掃除方法|Airpods、カナル型、無線式などタイプ別に汚れの取り方を…
  2. ライフ

    【エバーフレッシュ】種から育てる方法!挿し木より難しいけど可愛い
  3. ガジェット

    【PowerPort Atom Ⅲ Slimレビュー】薄型45WのPD充電器|持…
  4. HUAWEI

    【Huawei Honor Band 5 レビュー】買って後悔!オススメしない3…
  5. ガジェット

    【Anker SoundCore mini レビュー】15時間再生ワイヤレススピ…
PAGE TOP