充電器



【iPhone12 mini】急速充電する方法|おすすめ充電器とケーブルはどれ?

 

2020年11月13日に発売された「iPhone 12 mini」

片手操作に優れている反面、バッテリーの持ちが悪いとされるモデルです。

当記事では、iPhone12mini|急速充電する方法と、おすすめ充電器&ケーブルの情報をまとめます。

iPhone12|急速充電する方法

iPhone 12 mini 最大の弱点といわれる「バッテリー」

ストレスなく、急速充電をするにはどうしたらいいのか?を解決していきます。

iPhone 12 mini|充電スペック

iPhone 12 mini の充電スペックをチェック!

充電関連のスペック
バッテリー容量 2,227mAh
ポート形状 ライトニング
急速充電の規格 USB-PD
対応出力 20W(ワット)
ワイヤレス充電 Magsafe、Qi
ワイヤレス対応出力 15W(Magsafe)、7.5W(Qi)

有線の急速充電だと、フル充電に掛かる時間は、大体 1 時間 40 分です。やっぱり気になるのは、バッテリー容量が 2,227 mah とかなり小さいため、急速充電の環境がないと、ちょこちょこバッテリー切れが気になってしまうスペックになっています。

 

急速充電をする条件

iPhone 12 mini を急速充電するための最低条件は?

充電器 PD 対応、出力 20 W 以上、USB-C ポート
USB-C ケーブル PD 対応、出力 20 W 以上、USB-C to Lightning ケーブル

急速充電の条件をまとめると

・充電器「 PD 対応、出力 20 W 以上、USB-C ポート」
・ケーブル「 PD 対応、出力対応 20 W 以上、USB-C to ライトニングケーブル」

ただ実際のところ、急速充電の最低条件は、PD対応で出力が 18 W(ワット)以上あることです。

iPhone 12 シリーズに、充電器(PD対応) 18 W、20 W、65 W のそれぞれで充電速度を測ると、20 W が 2 分だけ早いという結果になります。

そのため 18 W 以上の出力であれば、急速充電の時間にほぼ差はありません。

20W USB-C電源アダプタ
Apple(アップル)

アップル純正の充電器(20W)は、サードパーティの製品と比べると、コスパはかなり劣りますが、そのうえで純正品を選ぶかは、ユーザー好みです。

一方で、ワイヤレス充電の急速充電は、「Magsafe」の1択になります。その他のワイヤレス充電(Qi)は、すべて 7.5 Wの充電スピードです。

急速充電器は、どれを選べばいいのか迷うほど多いですが、ここからは、純正品よりコストや機能で上回る充電器と USB-C ケーブルをまとめます!

iPhone 12 mini|おすすめ充電器とケーブル

メーカー&価格情報まとめ

メーカー 価格
1位 ELECOM 1,152円
2位 Belkin 3,782円
3位 Anker 2,990円
4位 DIGIFORCE 3,899円
5位 Anker 4,299円
6位 Spigen 1,999円
7位 Anker 2,099円

*価格は2021.3.6時点/Amazon

 

1.ELECOM

EC-AC09WH


・コスパ最強
・PD充電対応
・最大出力 20 W

現時点でコスパ最強といわれるエレコムの充電器

約1,200円で、ほとんどのスマホへ急速充電ができてしまう、ハイコスパ・モデルです。

PD充電対応で、持ち運びにも便利なサイズ。搭載ポートは1口(1台充電)ですが、予備用として1個余計に持っていても損はしないレベルです。

iPhone 12 mini の充電だけを考えていて、コストを抑えるなら間違いなくこれ!

 

2.Belkin

F7U096dq04-WHT-A


・Lightning ケーブルセット
・最大出力 18 W
・縦型の壁コンセント向き

カリフォルニア発のガジェットメーカー「Belkin」から発売されている急速充電器

壁コンセントの下部に挿すことで、上部コンセントを邪魔せず、コンセント周りの省スペース化ができ、他メーカーの充電器と比べると見た目が非常にスマートになります。

PD対応、最大出力 18 W(ワット)で、充電器のほかに、USB-C to ライトニングケーブルが付属されており、完全に iPhone 用のセット内容です。セットだと考えるとトータルコストは抑えられている。

充電器とケーブルのセットがほしい方におすすめ

3.Anker

PowerPort III 65W Pod


・65 W の高出力モデル
・PD 対応
・MacBook も充電できる

高出力パワーが魅力! Anker(アンカー)製の充電器

最大出力 65 W で PD 規格に対応。ほかにも QC(クイックチャージ)規格にも対応しているモデルで、ほとんどのデジタルデバイスへ充電可能なモデルです。iPhoneだけでなく、ノートPC、MacBook Pro にも余裕で充電ができちゃいます。

少しサイズが気になりますが、パワーは絶対ほしいってユーザーにおすすめ

 

4.DIGIFORCE

D0035NB


・ダブルポートを採用
・65Wの高出力モデル
・111グラムの軽さ

2台同時に充電ができる DIGIFORCE の高出力モデル

USB-C ポート単体だと最大出力は 65 W となっていて、タブレットやノートPCにも充電可能です。ダブルポートを使った同時充電のときは、USB-C ポート側が最大 45 W、USB-A ポートが 12 W の出力になるように設計されています。

持ち運びをしたいユーザーのために、折り畳み式プラグを採用し、重さも111グラムと機動性にも優れます。

高出力モデルで 3,000 円台とコスパが良いのも特徴!

2台同時充電ができるタイプがほしい人におすすめです。

 

5.Anker

PowerPort Atom III Slim (Four Ports)


・最大出力 65 W
・4 台同時充電できる
・デスクの上で使える

機能バランスが優れる卓上タイプの充電器

4台同時に充電ができる4ポートモデル。最大出力は65Wで、USB-C ポートで 45 W、USB-A ポート 合計 20 Wの出力になります。

コンセントから離れたデスクの上で使えるので、自宅や職場など活躍する場面が多いです。

これ1台あると、ほとんど完結してしまうほど機能バランスに優れています。

イヤホン、ウェアラブルなど複数のガジェットを持っているユーザーにはオススメ!

6.Spigen

SteadiBoost 45W


・車で急速充電できる
・PD対応&QC対応
・2 ポートを採用

車のシガーソケットに挿入するだけで、急速充電ができるカーチャージャー

USB-C ポート & USB-A ポートを採用していて、デバイス 2 台を同時に充電可能です。最大出力は、上のポート単体使用で 17 W、2 ポート同時充電なら合計で 45 W の出力になります。

急速充電規格は、PD(パワーデリバリー)と、QC(クイックチャージ)の両方に対応し、サイズ、機能、価格の3拍子が揃ったモデルとして、車載チャージャーNo.1との声も。

車で急速充電したいユーザーにおすすめです。

 

7.Anker

PowerLine + II USB-C & ライトニングケーブル


・アップルのMFi認証あり
・使い心地がいい
・色と長さが選べる

Anker 製、PD対応の USB-C to ライトニングケーブル

アップルの i シリーズ(iPhone,iPod,iPad)に適応する認証「MFi」を取得しているケーブルです。アップルからお墨付きをもらったってことなので、アップルの純正品に近い品質と評価されてます。

丈夫な素材で、取り回しがしやすいのも特徴です。選べるケーブルカラーは、ブラック、レッドの 2 色。長さも 0.9m、1.8m が揃っています。

iPhone の付属ケーブルが断線したときの買い替えや、追加用ケーブルとしておすすめです

まとめ

以上、iPhone 12 mini への急速充電の方法とおすすめ充電器&ケーブルでした!

1. ELECOM – EC-AC09WH
2. Belkin –F7U096dq04-WHT-A
3. Anker – PowerPort III 65W Pod
4. DIGIFORCE – D0035NB
5. Anker – PowerPort Atom III Slim (Four Ports)
6. Spigen – SteadiBoost 45W
7. Anker – PowerLine+ II USB-C & ライトニングケーブル

ではまた!

ピックアップ

  1. iPhone

    iPhoneを早く充電する方法|30分で50%復活するテクニックを紹介!
  2. ライフ

    アスパラガス・マコワニーの育て方|枯らさないコツは光と水!
  3. ライフ

    【Dyson Pure Hot+Cool レビュー】ヒーター×扇風機×空気清浄機…
  4. ライフ

    【エバーフレッシュ】種から育てる方法!挿し木より難しいけど可愛い
  5. ガジェット

    【Anker PD充電器 Atom Ⅲ Slim レビュー】持ち運びに便利なコン…
PAGE TOP