ネット



Amazon 着払いにする方法|わかりやすく手順を解説!

 

アマゾンで「着払いにする方法」を圧倒的にわかりやすく解説!

アマゾンで着払いにする方法と全手順

アマゾンで買い物をしたときに、着払いにするためには 4 つのステップがあります。

1.商品をカートに入れてレジに進む
2.支払い方法を変更する
3.代金引換を選択する
4.注文を確定する

ざっくり説明すると、これで『着払い(代金引換)』の注文は完了です。

文字だけ見ると簡単そうですが、実際にやらないとチョット分かりづらいところもあるので、まずは全体の流れをアマゾンの購入画面(PC)からサラっと確認していきます。 

これが着払いにする購入手順(PC版)の流れになります。

どのデバイスでも基本的な流れは同じですが、今度はスマホの「アマゾン・アプリ」を使って、詳しい手順を解説していきます。

1. カートからレジに進む

まずは自分が買いたい商品をカートに入れて、レジに進みます。

2. 注文内容を確認・変更する

この画面では、届け先の住所や支払い方法の変更などができます。

以前にアマゾンで買い物をしたことのある人なら、新しく住所を入力する必要はありません。ただし、新規ユーザーだったり、いつもと届け先が違うときには「届け先住所」も変更(入力)しましょう。

届け先に変更がないユーザーは、『支払い方法』を選択します。

3. 支払い方法の変更

支払いオプションから『①代金引換』を選択。

代金引換を選択できたら、次に『②続行』ボタンをタップします。

4. 注文を確定する

最後に代金引換の手数料 330 円(税込)を①チェックしてから、②注文を確定する。

これで、アマゾンの『着払い(代金引換)の購入手順』は終わりです。

あとは商品の到着を待つだけ!代金引換のお金だけを用意しておきましょう。

 

アマゾンで着払いできない原因

そんなアマゾンでも、『着払い(代金引換)』が選択できないってこともあります。すべての商品を着払いできるってワケではないんですね。

では、どういうときアマゾンで着払いができない?

原因となるのは 4 つのポイントです。

・当日お急ぎ便
・サービスの対象地域外
・マーケットプレイスの商品
・デジタルコンテンツ

当日お急ぎ便はNG

商品を注文するときに「当日お急ぎ便」を選んでしまうと着払いはできません。

「当日お急ぎ便」を担当している配送業者が代引きサービスには対応していないこともあるため、着払い(代金引換)が選べるのは「お急ぎ便」と「通常配送」のみです。

対象地域外はNG

日本国内の地域によっては、着払いのサービスをしていない場所もあります。例えば、離島や過疎地域だと着払い(代金引換)ができないってことも多いです。

色が変わっている地域には着払いできない地域があります。詳しい郵便番号リストはこちらから

マーケットプレイス商品はNG

発送元がアマゾン以外のショップだったりすると、着払いできないことも多いです。中古品などが売られているマーケットプレイスなどは着払い未対応のケースが多くあります。

デジタルコンテンツもNG

オンライン上で決済してダウンロードするデジタルコンテンツ(Kindle本、デジタルミュージック、Androidアプリ、アプリ内課金アイテム、Prime Video、ゲーム&PCソフトダウンロード)は、商品の発送がないため、着払いにはできません。

着払いできないときは、ほとんどがこの 4 パターンに当てはまりますが、もっと細かいNGポイントを挙げると…

  • 商品の小計額が20万円を超える場合
  • 支払い方法に制限を設けている商品
  • ほしい物リストから注文する商品
  • Amazonフレッシュのご注文
  • Amazonギフト券(Eメール、印刷、チャージタイプ含む)
  • Amazonコイン
  • Amazon Hubロッカーへのお届けの商品
  • 宅配便ロッカーで商品を受け取る場合

これらに引っ掛かるユーザーはかなり少ないですが、着払いできない原因になります。

 

まとめ

ゼッタイに覚えておきたいのは、着払いは 330 円(税込)の手数料が必ず必要になります。

そして、商品を複数購入したときは「できる限り商品をまとめて発送」を選択したほうがお得です。「準備ができた商品から順に発送」を選択してしまうと、1 つ 1 つの商品毎に代金引換の手数料が発生してしまうため、できるだけまとめて送ってもらえるようにしましょう。

どうしても「着払いにしたい」という場面を除けば、Amazon ポイントが 2 重取りができる「アマゾンギフト券をチャージ」して購入する方法が一番お得になる買い方です。

ではまた!

 

ピックアップ

  1. iPhone

    iPhone |埃を防止する Lightning コネクタ・カバー【レビュー】
  2. ガジェット

    【Anker PD充電器 Atom Ⅲ Slim レビュー】持ち運びに便利なコン…
  3. 充電器

    【Belkin Boost Charger レビュー】Quick Charge …
  4. 充電器

    【Anker ワイヤレス充電器 BasePad レビュー】iPhone & An…
  5. Xiaomi

    【Xiaomi Mi Band 4】充電1回で20日使えるスマートバンド【使い方…
PAGE TOP