ガジェット

EarFun – UBOOM L |評判とスペックはどう?

 

22 年 5 月に発売した「EarFun – UBOOM L」

Bluetooth 5.0 に対応したワイヤレススピーカーで、室内やアウトドアなど場所を選ばないタフさと、前に置いたときに濁りが少ないパワフルなサウンドが売り!ということで

今回は UBOOM L に、直接触れる機会があったので、少しだけ紹介します。

EarFun – UBOOM L |スペック

UBOOM L は、2600 mAh の大容量バッテリーを搭載したワイヤレス・スピーカー

1 回のフル充電で最大 16 時間の連続再生ができるため、電源の少ないアウトドアでも力を発揮してくれそう。本体が 30 分水に浸かっても平気なくらいの防水性はあるようなので、プールや海でも活躍してくれそうですね。

ほかにも、2 台を繋いだステレオモード(TWS機能)や、内蔵したコンデン サー型マイクでのハンズフリー通話や、Siri などの音声アシスト機能にも対応していました。

Earfun – UBOOM L
ドライバー径 55mm
バッテリー容量 2,600mAh
ポートタイプ USB -Type C
連続再生 16時間
Bluetooth 5,0 ver
防水 IP67
ステレオ機能 あり(TWS機能)
マイク機能 音声通話、音声アシスト対応
接続端子 AUX

前モデルは丸い形が特徴で、360度に音を広げるイメージが強かったのですが、今モデルは機能的にもサウンド的にも前への姿勢が強いスピーカーになっていて、必然的にスピーカーの前に立ったときに最も効果的にサウンドが伝わってきます。

EarFun – UBOOM L の評判は?

まだ発売から浅いこともあり、口コミ、評判はあまり多くない印象です。その中の評価には良し悪しもありました。

わたしが気になったポイントは「デザイン」

他の中国メーカーも同じなんですけど「デザイン」は微妙です。正直、前モデルのほうが断然よかったので、カッコ悪くなってるって印象を受けました。

EarFun – UBOOM L(デザイン)

BOSE – Portable Smart Speaker(デザイン)

まさしく「細部には神が宿る」ものです。

同じワイヤレススピーカーでも画像を並べてみると、デザイン(材質・広告)も含め「洗練さが足りない」とハッキリわかります。

これは earfun だけでなく、Anker , soundpeats など中国メーカー全体の課題でもあります。

まぁコストを考えると、BOSE は4万円台とまったくターゲット層も違うので、デザイン性が求められてない部分でもありますが、安くてもデザイン性の高いものはあるので、今後に期待したいとこ。

評価項目 評価点
音質 ★★★☆☆
機能 ★★★☆☆
防水 ★★★★☆
価格 ★★★☆☆
デザイン ★☆☆☆☆

まとめ

カスタマーレビューを見ても、広い視点から見ると評価に良し悪しはありますが、BOOM L がコストに見合う性能(スペック)を持っていることは、ほぼ一致して、好感を持たれている印象です。

またデザインは、個人の好みによるところが大きいので、ユーザーによっては印象はまったく違うでしょう。

全体的には、前モデルと比べて価格は上がったものの、防水性などアウトドアでタフに使いたいってユーザーには、より機能的に手厚さ感じられると思います。

ただし、音の方向性はより前向きになっているので、全体に広がるサウンドを求めるなら前モデル「UBOOM」も選択肢に入ってきそうです。

ではまた!

ピックアップ

  1. 充電器

    【Anker ワイヤレス充電器 BasePad レビュー】iPhone & An…
  2. ライフ

    【Dyson Pure Hot+Cool レビュー】ヒーター×扇風機×空気清浄機…
  3. ライフ

    アスパラガス・マコワニーの育て方|枯らさないコツは光と水!
  4. ライフ

    【エバーフレッシュ】種から育てる方法!挿し木より難しいけど可愛い
  5. イヤホン

    イヤホンの掃除方法|Airpods、カナル型、無線式などタイプ別に汚れの取り方を…
PAGE TOP