iPhone

【iPhone SE 2】急速充電する方法|おすすめの充電器とケーブルはコレ!

ついに iPhone SE 第2世代が登場!

モデル 価格
64GB 44,800円
128GB 49,800円
256GB 60,800円

*価格は2020.4.25時点/Apple
(SIMフリー下取りなし)

価格をみても購入しやすくコスパに優れるモデル

iPhone SE(第2世代)では、ホームボタンが復活しており、マスク姿でも使える Touch ID(指紋認証)が搭載されています。ただ購入時のセットに同梱されている充電アダプタは、最大出力/5W(ワット)になっており、急速充電ができません。

そこで今回は、【 iPhone SE 2 】急速充電の方法と、おすすめ充電器&ケーブルを紹介します!

 

iPhone SE 2|急速充電する方法

iPhone SE (第2世代)のバッテリ仕様

バッテリ容量 1,821mAh(予想)
ポート形状 Lightning
急速充電 18W(ワット)
ワイヤレス充電 Qi対応

USBポート形状はこれまで通り、ライトニングが採用されており、変更はありません。急速充電(18W)とワイヤレス充電に対応。

バッテリー駆動時間に関しては、チップがA13になっており、 iPhone 8 より省電力性能が少しアップしています。

急速充電をすれば、30分で最大約50%の充電が可能です。

 

iPhone SE 2 / 急速充電をするための条件

・PD対応(Power Delivery規格)
・出力18W(ワット)以上

 

Apple USB-C 充電アダプタ(18W)

¥3,080 (税込)

こちらは急速充電ができる「Apple純正の充電器」

率直にいえば、性能は良くも悪くもないといった感じです。もちろん、iPhoneだけに使うなら何も問題はないですが、ほかの「Macbook、ノートパソコン、タブレット」などで18W以上の出力がほしいときには、このパワーだと充電ができません。

もっとパワーのある急速充電器に関しては、各メーカーからも多くのモデルが発売されています。それぞれの用途や、好みに合ったものを探してみましょう。

 

iPhone SE 2 |おすすめの充電器

ここからは iPhone SE に急速充電ができて、よりコスパや機能性に優れる充電器を厳選していきます。

メーカー&価格まとめ

メーカー 価格
1 Anker 3,480円
2 Belkin 3,482円
3 Anker 3,299円
4 RAVPower 4,399円
5 Anker 3,439円
6 Anker 3,499円
7 satechi 7,499円
8 Anker 2,599円
9 AUKEY 4,999円
10 Omars 1,899円

*価格は2020.5.18時点/Amazon

 

1. Anker

PowerPort PD 1 / USB-C to ライトニングケーブル (0.9m)


・ライトニングケーブル付き
・最大出力18W
・コンパクトサイズ

Apple製品に最適化された「MFi認証」を取得した充電アダプタ

iPhone、iPad などの Lightning(ライトニング)端子デバイスが最適に動作するよう設計されています。 iPhone SE なら30分の充電時間で、最大50%まで充電可能です。

また最初から充電ができるよう USB-C to ライトニングケーブルが同梱されており、これが最大の魅力になっています。ライトニング・ケーブル付きとしては、コスパ抜群です。

ケーブル付きでコスパ重視の方におすすめ!

 

2. Belkin

BOOST CHARGE


・PD対応
・最大出力27W
・折りたたみ式プラグを採用

PD対応の充電アダプタ「BOOST CHARGE

ベルキンの拠点がある西海岸カリフォルニアらしい暖かみのあるデザインが特徴的

最大出力は27W(ワット)。iPhone SE には、30分で最大50%の急速充電が可能です。またこのモデル以外にもワット数やポート数などニーズに応えられるモデルがあります。

もちろんスマホだけでなく、最新 iPad Pro、Macbook Air(20年モデル)などのデバイスへの充電にも対応しています。

プラグは折りたたみ式なので、持ち運びにも便利です。

おしゃれな充電器を探している方にオススメ

 

3. Anker

PowerPort Atom PD 1


・最大30Wの出力ができる
・コンパクトな設計
・2色から選べる

ポケットにも難なく入るコンパクトサイズで持ち運びに最適なアダプタ

Power Delivery (PD)に対応し、最大出力は30W。充電スピードは iPhone SE なら30分で約50%の充電ができます。

選べるカラーは、ホワイトとブラックの2色。価格は3000円台とリーズナブルな価格帯ながら、機能性にも優れます。

機能とコスパを求めるユーザーにおすすめです!

 

4. RAVPower

RP-PC105


・2ポートタイプ
・最大出力61W
・安全機能を内蔵

PCからスマホまで同時充電ができるアダプタ

最大出力61Wのハイパワーを持ちながらも、軽量でコンパクトで持ち運びのストレスが少ないのがポイントです。

USB-C タイプ と、USB-Aタイプ の2つの出力ポートがあり、iPhone SE 以外にもうひとつデバイスを充電可能。ノートパソコンやイヤホンなど、2つ以上のデバイスを持っているユーザーには嬉しい機能です。

また安全機能も充実しており、過充電やショートを防止してくれるマルチ保護システムも搭載しています。

高い出力がほしいユーザーにオススメです

 

5. Anker

PowerCore 10000 PD Redux


・世界最小サイズ
・大容量モバイルバッテリー
・PD対応

Anker 製の PD対応モバイルバッテリー

厚み2.5センチ、幅はクレジットカードと同じ大きさで 10000mAh のモバイルバッテリーとしては、世界最小・最軽量のサイズになっています。

約2回以上の複数回充電ができるバッテリー容量で、外出時の充電切れの心配がなくなります。また Amazonタイムセールを利用すれば、価格も3000円台になるので狙い目です。

外でもバッテリー残量を気にすることなく、安心して音楽や動画再生を楽しみたい方にオススメ!

 

6. Anker

PowerPort I PD – 1 PD & 4 PowerIQ


・PD対応モデル
・傷や汚れが目立ちにくい
・5つのポート

最大出力30W(ワット)のPD充電器

1つのコンセントから5台同時に充電ができるハブアダプタ。スマホ以外にも、モバイルバッテリ、イヤホンなど小物ガジェットを持つユーザーに、人気のモデルになっています。

温度調節の機能なども搭載されているので、過充電やショート防止の安全にも配慮された設計です。外観は、マットテクスチャ加工になっていて、傷や汚れが目立ちにくい仕様になっています。

選べるカラーはホワイトとブラックの2色。

充電したいデバイスが多い方におすすめです

 

7. Satechi

Type-C 75W トラベルチャージャー


・4つのポート
・ノートPCも充電できる
・高コストだけど高性能

Power Delivery に対応したハイパワー充電器

USB-C と USB-A の2種類のポート規格に対応しており、最大で4つのデバイスに同時充電が可能です。USB-Cタイプ では最大60Wと18W出力ができるため、Macbook、iPhone SE などに同時に急速充電ができます。

パワーと性能は抜群なので、そのぶんコストが高いですが、安定した動作で出張先や旅行先でも安心して使えるモデルです。

性能重視で、荷物を少なくしたいビジネスマンにもおすすめのトラベルチャージャーです。

 

8. Anker

PowerPort Atom III Slim


・複数デバイスにも対応
・最大出力30W
・約1.6cmの薄さ

壁にあるコンセントに使えるスリム型の充電器

縦型タイプで場所をとらない折りたたみ式プラグを採用しており、胸ポケットにもすっぽり入る「約1.6cm」の薄型デザインになっています。

PD充電に対応し、最大出力30Wの高速充電が可能です。iPhone SE 以外もノートPCなどにも充電ができるため、複数デバイスを持つユーザーにも人気。

またノマドワーカーなどスタイリッシュに空間を演出したい方にもオススメです。

 

9. AUKEY

PD3.0 60W – B07B94PZDP


・3台同時に充電できる

・最大出力60W
・重厚感のあるデザイン

1台で3台同時充電ができる充電アダプタ

ブランドの象徴にもなっているオーキー・グリーンが印象的で、重厚感のあるデザインになっています。

本体に搭載したスマートチップで、スマートフォンやタブレットに最適な電力を供給できる設計になっており、パワフルで安全な充電が可能です。

本体は少し大きめですが、60Wの強いパワーが最大の魅力になっています。急速充電「Power Delivery (パワーデリバリー)」に対応。

コストと機能性のバランスが取れた充電器がほしい方におすすめ

 

10. Omars

PD – B07F1367YK


・最大出力18W
・お手軽な価格
・USBケーブル付属

オマーズ製の 18W(ワット)のシンプル充電器

軽量コンパクトで、持ち運びに適したサイズ。急速充電に必要な最低限の機能にまとめているため、価格は1000円台というロープライスになっていますが、USB-C to C ケーブルが付属するなど、かなりお得感のあるモデルです。(付属ケーブルは iPhone SE には使えません)

とりあえずシンプルな機能でコストを抑えたい方におすすめ!

 

まとめ

iPhone SE を急速充電するためには、PD対応で18W(ワット)以上の出力ができる充電器が必要ですが、大きなデバイスでは、もっとパワーが必要になります。

まずは自分がSE以外のデバイスを使うか?を考えると、あとで「パワーが足りない」「持ち運びが不便」などの失敗が減ります!

また充電ケーブルも「PD対応」しているものを選びましょう。

 

おすすめ【USB-C to ライトニングケーブル】

Anker
PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル(0.9m ブラック)

ケーブルの長さが選べる

0.9mと1.8mのケーブルを選べるのと、柔軟性の高い素材が使われているので、女性でも扱いやすくなっています。いまガジェットは「迷ったらアンカー」と言われるほど、アンカー製品は人気です。

充電アダプタやケーブルは電気を流すので、くれぐれも取扱いには注意してください。

安全でストレスのない充電環境を作りましょう!

 

【まめ知識】
急速充電規格である PowerDelivery(PD)規格は USB-C ポートの形状になっています。iPhone(lightningポート)の場合は、急速充電ケーブルは必ず USB-C to lightning (ライトニング)になります。USB-A to lightning では、いくらメーカーが急速充電できるといっても危険な仕様なので注意してください。

 

 

ピックアップ

  1. ライフ

    【エバーフレッシュ】種から育てる方法!挿し木より難しいけど可愛い
  2. ガジェット

    【PowerPort Atom Ⅲ Slimレビュー】薄型45WのPD充電器|持…
  3. ガジェット

    【Anker SoundCore mini レビュー】15時間再生ワイヤレススピ…
  4. iPhone

    iPhone |埃を防止する Lightning コネクタ・カバー【レビュー】
  5. イヤホン

    イヤホンの掃除方法|Airpods、カナル型、無線式などタイプ別に汚れの取り方を…
PAGE TOP