AQUOS



【AQUOS Sense4】おすすめワイヤレスイヤホン|音質決める AAC / aptx / LDAC に対応するモデルは?

先日「AQUOS Sense 4」でワイヤレスイヤホンを使うと音質が悪いと感じていて、音質は良くなりますか?という質問をいただきました!

答えとしては、AQUOS Sense 4 の音質は良いです。でも悪いと感じるってことは別のところに原因があるかもしれません。

そこで今回は「AQUOS Sense 4」の音質スペックと、おすすめワイヤレスイヤホンを紹介していきます!

AQUOS sense4|音質決めるスペック

まずは Sense4 に搭載されている仕様を確認してみましょう!

Bluetooth の仕様

AQUOS sense 4 の Bluetooth 関連スペックは↓

Bluetooth 規格 5.1 ver
対応プロファイル HSP、HFP、A2DP、AVRCP、HID、OPP、SPP、PBAP、PAN、HOGP
対応コーデック SBC、AAC、aptX、aptX HD、aptX Adaptive、LDAC™

Bluetooth ver 5.1 を搭載し、音声コーデックは 6 種類と結構多め、これだけあればユーザーの求める質や遅延にも幅広く対応できるスペックといえます。何気にハイレゾ認定を受けている LDAC™ にも対応しちゃっています。

 

各コーデック音質と遅延

AQUOS Sense 4 が対応している各コーデックの音質と遅延は?

コーデック 音質 遅延
SBC ☆☆ 約 0.27 秒
AAC ☆☆☆ 約 0.15 秒
aptX ☆☆☆ 約 0.08 秒
aptX HD ☆☆☆☆ 約 0.13 秒
AptX Adaptive ☆☆☆☆ 約 0.08 秒
LDAC ☆☆☆☆☆ 約 1 秒

*音質と遅延は環境によっても変わります。

ずらっと並べるとこんな感じです。

音質で選ぶなら LDAC の一択ですが、遅延の影響を気にするゲームや動画を見るユーザーなら aptX Adaptive が高音質で低遅延と 1 番安定しています。ただし、LDAC はコストが高く、Adaptive を載せているワイヤレスイヤホンも選べる選択肢はそれほど多くはありません。逆にコストが抑えられ、選択肢が多いのは AAC、aptX 対応のイヤホンです。

また各コーデックで再生する(聴く)には  Apple music / Amazon Music / Spotify など様々なストリーミングサービスも関わってきます。すべてが同じ規格に対応していないと、リスニング環境は良くなりません。

1.ストリーミング( Apple Music、youtube、再生ファイルなど)
2.デバイス(スマホ、タブレット、イヤホンに送る側)
3.ワイヤレスイヤホン

この3つが揃ってこそ音質環境は良くなります。せっかく Sense 4 で Amazon Music HD を聞いているのに、イヤホンがSBC(コーデック)にしか対応していなかったりすると音質はだだ下がりです。

ここからは、AQUOS Sense 4 で高音質で聴ける!おすすめワイヤレスイヤホンも合わせて紹介します

AQUOS Sense 4 |おすすめワイヤレスイヤホン

おすすめイヤホンとメーカー情報&価格まとめ

メーカー 価格 対応コーデック
SoundPeats – True Air 2 3,723円 SBC / aptX
SoundPeats – Sonic 4,233円 ACC / aptX Adaptive
YAMAHA – TW-E3B 6,145円 SBC / AAC / aptX
Anker – Soundcore Liberty Air 2 Pro 12,980円 SBC / AAC / LDAC
SONY – WF-1000XM4  29,700円 SBC / AAC / LDAC

*価格は Amazon / 2021.9.15 時点

SOUNDPEATS – True Air 2

対応コーデック「aptX」


・コスパ最強
・軽くてコンパクト
・音声通話マイクがある

価格が安く遅延も少ない aptX 対応モデル「True Air 2」

AQUOS Sense 4 で、そこまで高音質を求めないユーザーなら 3,000 円台というコスパは魅力です。

片耳 3.5 グラムと軽くて疲れにくく、ケースも重さ約 30 グラム、大きさは約 5 センチ各と性別問わず持ち運びがしやすいサイズ感。また通話時のマイクとノイズキャンセリングという最低限の機能も持っています。

 

SOUNDPEATS – Sonic

対応コーデック「AAC / aptX Adaptive」 


・高音質コーデック対応
・連続再生15時間
・低コストで低遅延

次世代コーデック aptX Adaptive コーデックをサポートしたモデル

Adaptive は、可変ビットレートという特徴をもっていて、リアルタイムで最適レートを選んでくれるため、「音質変化と遅延が少ない」という特徴があります。これからのスマホは Adaptive が基本搭載されるので、長く使っていけそうです。

イヤホン単体だけで、連続再生 15 時間となっていて 1 日ハードに聴くユーザーにとっては嬉しいポイント

低価格帯のモデルながら、高音質と遅延が魅力で、音楽はもちろん、ゲームや動画にも向いています。

 

YAMAHA – TW-E3B

対応コーデック「AAC / aptX」


・AAC と aptX に対応
・6種類のカラーバリエーション
・音のバランスがいい

ピアノやスピーカーなど楽器・音響メーカーとして知られる「ヤマハ」

どちらかというと低音が重視される中国メーカーとは違った、音のバランスの良さが最大の特徴となっています。

音楽ストリーミングである Apple Music、LINE MUSIC、Youtube Music などでも安定している AAC、aptX に対応しており、音楽をメインに聴くってユーザーにはオススメのモデルです。

日本メーカーは価格が少し高いですが、バランスの良い音と選べるカラーが豊富で、じわじわ人気が高まっています。

 

Anker – Soundcore Liberty Air 2 Pro

対応コーデック「AAC / LDAC」(LDACは要アップデート)


・超高音質 LDAC に対応
・ノイズキャンセリングを搭載
・ワイヤレス充電ができる

AAC と、超高音質 LDAC(ハイレゾ)に対応した「Liberty Air 2 Pro」

この価格帯で、LDAC を搭載するイヤホンがついに来ました。Amazon Music HD など高いビットレートで音楽配信を行うストリーミングサービスにおいても、超高音質のリスニング環境が作れるのが最大の魅力になります。イヤホンには、周囲の雑音を消せるノイズキャンセリングなど、高価格帯のイヤホンと変わらない機能があり、価値のあるユーザー体験がより手軽に楽しめるのがポイントです。

ただし、3万円台のイヤホンとまったく同じ機能性ではないのと、LDAC で聴くにはファームウェアアップデートが必要になります。

3万円は出せないけど音質にはこだわりたいってユーザーにおすすめです。

 

SONY WF-1000XM4 

対応コーデック「AAC / LDAC」


・ワイヤレスイヤホンの最高峰
・超高音質 LDAC に対応
・連続再生は 8 時間

ハイレゾ音質の LDAC に対応する「WF-1000XM4」 

雑音を消してくれる「ノイズキャンセリング(ノイキャン)」の流行は、SONY が作ったと評価されるほど。ノイキャン機能と自分に合ったイヤーピースを組み合わせることで最大の効果を発揮し、没入感の高いリスニング環境になります。

連続再生時間は8時間で、ケース充電と合わせると20時間。

ワイヤレスイヤホンの最上級クラスを経験したいユーザーにおすすめですが、LDAC には、遅延があるためゲームや動画鑑賞にはあまり向いてません。

 

まとめ

以上!AQUOS Sense 4 の対応コーデックとおすすめのワイヤレスイヤホンでした!

メーカー 価格 対応コーデック
SoundPeats – True Air 2 3,723円 SBC / aptX
SoundPeats – Sonic 4,233円 SBC / ACC / aptX Adaptive
YAMAHA – TW-E3B 6,145円 SBC / AAC / aptX
Anker – Soundcore Liberty Air 2 Pro 12,980円 SBC / AAC / LDAC
SONY – WF-1000XM4  29,700円 SBC / AAC / LDAC

*価格は Amazon / 2021.9.15 時点

イヤホンは、高価格帯かコストを抑えるって人が極端に分かれているカテゴリーでもあります。

AQUOS Sense 4 なら aptX Adaptive に対応している「SOUNDPEATS – Sonic」(4,233円)がコスパ的には一番オススメです。 AAC にも対応しているので、どの音楽ストリーミングでも困ることはないです。

逆に求めるのが最高音質なら LDAC 対応モデルしかありません。

ではまた!

 

ピックアップ

  1. 充電器

    【Belkin Boost Charger レビュー】Quick Charge …
  2. 充電器

    【Anker ワイヤレス充電器 BasePad レビュー】iPhone & An…
  3. ガジェット

    【Anker PD充電器 Atom Ⅲ Slim レビュー】持ち運びに便利なコン…
  4. ガジェット

    【Anker ワイヤレススピーカー / SoundCore mini レビュー】…
  5. iPhone

    【ESR】iPhone ケースを買って失敗した3つの理由【レビュー】
PAGE TOP