スポーツ



ブンデスリーガを安く見る方法!DAZNも海外版なら視聴できる

ドイツ・サッカーリーグのブンデスリーガを見る方法は、3 つです。

配信するVODサービスは

「スカパー」
「ブンデスリーガ・ライブ」
「DAZN(海外版)」

どのサービスも有料配信ですが、どのサービスを使うとコストを抑えられるのかは分かりにくいです。そこで今回は、ブンデスリーガを安く見る方法について詳しく紹介していきます。

ブンデスリーガを見る方法

多くの日本人選手が活躍する

ドイツ・サッカーリーグ「ブンデスリーガ」

わたしは、遠藤航(シュツットガルト)、奥川雅也(ビーレフェルト)に注目してますが、っそくブンデスリーガを見られる 3 つのサービスをピックアップしていきます!

スカパー

まずブンデスリーガを独占配信しているスカパー。BS / CS 契約となるスカパーは「サッカーセット」というプランの中で、ブンデスリーガのほか、国内のルヴァンカップ、天皇杯を配信しています。

 

① スカパー! 

「スカパー!サッカーセット」の月額料金は

・サッカーセット / 月額 2,480 円(税込)
・基本料 / 月額 429 円(税込)

サッカーセットで契約すると、毎月 3,000 円くらいの月額料金が必要になります。このほかアンテナやチューナー設置をするとなると追加費用が掛かります。

サッカー好きな人にとっては、見れるコンテンツ量は多くないため、DAZN (月額 1,925 円)を使っていたりすると、約 3,000 円の月額は割高に感じてしまいます。

できるだけ安く視聴したいユーザーには、チョット悩んでしまう配信サービスです。

 

スカパー!で見る

 

 

ブンデスリーガ・ライブ

ブンデスリーガ・ライブ(BUNDESLIGA LIVE)は、配信元であるスカパーの「ブンデスリーガだけの配信サービス」になっていて、ほかの海外リーグの試合は見れませんが、ブンデスリーガ全試合のライブ配信と見逃し配信をしています。

スカパーとの大きな違いは、すべてネット配信(オンライン・ストリーミング)だということ。この配信サービスを視聴する方法は 2 つです。

 

① SPOOX(スプークス)

21 年 10 月からスカパー・オンデマンドがリニューアルされて「SPOOX(スプークス)」に変わりました。有料動画の配信はすべて「スプークス」へサービス移行されています。


・スマホ、PC など 3 台同時に視聴できる

・1 つのアカウントで最大 6 名まで登録可
・キャリア決済にも対応

SPOOX で配信されるブンデスリーガ・ライブの月額は、980 円(税込)です。ブンデス以外は見られないものの、本家スカパーと差別化されていて、コストを「 3 分の 1 」ほどに抑えられるのが魅力です。

ネット配信のためライブ映像には遅延がありますが、スカパーとは違ってケーブルやアンテナ設置の必要もないため、コスパの良いサービス。

 

SPOOX(スプークス)で見る

 

 

② Amazon Prime Video

ブンデスリーガ・ライブを見られるもうひとつのサービスは「アマゾン プライム ビデオ」

スプークスと同じライブ映像と過去の試合を、月額 999 円(税込)で、プライムビデオの中にあるブンデスリーガ・LIVE チャンネルで見ることができるようになります。

使っているデバイスに、スプークス・アプリを入れずに済むので、すでに Amazon プライムの会員で操作に慣れたユーザーにとっては、19円高く払うメリットもアリ。

また Amazon プライムビデオには、無料体験があり、最初の 7 日間を無料で見ることができます。

 

Amazon Prime Video で無料体験

 

 

ダゾーン(海外版)

日本版のダゾーンでは配信されていないブンデスリーガを海外版ダゾーンを使って視聴する方法です。

2021.10.20 CL(グループB)

ブンデスのほか、ダゾーン(日本版)では見られないチャンピオンズリーグ(欧州CL)、リーグ・アン(フランス)、エールディヴィジ(オランダ)も見れます。

ただし、この方法は VPN という有料アプリを使わないと視聴できないため、すでにダゾーンに加入しているユーザーでも、月額 600 ~1,000 円程度の費用が必要です。わたしは、ダゾーン対応の【Nord VPN】を使っています。

NordVPN を試してみる

詳しい試聴方法については、こちらの記事から

 

ちなみに、このコンテンツ量を見るための動画サービス(DAZN + WOWOW + スカパー)と比べると、VPN視聴は、年間/約 51,000 円の節約ができます。

また人気のストリーミング・サービス「Youtube Premium」が約 200 円(月額 1,180 円)、「ネットフリックス」が約 450 円(月額 990 円)という節約術があることも VPN 視聴の魅力です。

 

 

 

配信サービスの比較

それぞれの配信サービスを選ぶときに重視するタイプで比較!

料金

とにかくコストを安くしたいってユーザーは「ブンデスリーガ・ライブ」が最もお得です

サービス名 月額料金
スカパー! 2,909 円(税込)*1
ブンデスリーガ・ライブ 980 円(税込)*2
DAZN(海外版) 1,033円(税込)*3

*1 サッカーセットの月額 2,480 円 + 基本料 429 円
*2 ブンデスリーガ・ライブは「SPOOX」の月額料金
*3 月額内訳は VPN アプリ 385 円、専用 IP 648 円

どこよりも安く「ブンデスリーガだけ」を楽しめる配信サービスは「SPOOX」で、とにかく安さを重視したいユーザーにはおすすめです。

 

コンテンツ

コンテンツの多さだけで比べると、日本版 DAZN × 海外版 DAZN に勝てる配信サービスはありません。

DAZN(日本)
UEFAネーションズリーグ
Jリーグ
プレミアリーグ
FAカップ
ラ・リーガ
コパ・デル・レイ
DFBポカール
コッパ・イタリア

ジュピラ―プロ
DAZN(ドイツ)
FIFAクラブワールドカップ
UEFAチャンピオンズリーグ
ブンデスリーガ
リーグ・アン
プリメーラ
エールディヴィジ

あらためて見ると、DAZN(日本)だけでも、優秀なコンテンツを揃えています。

これに海外版を加えてしまうと、欧州主要リーグはすべて見れてしまうので(セリエ A / EL はカナダ版で見れます)、あとは VPN アプリに掛かる月額約 1,000 円をどれくらいの負担と考えるかです。

 

まとめ

以上!ブンデスリーガを安く見る方法でした!

選ぶなら、コストとコンテンツを並べて比較してみると、ブンデスリーガ・ライブ or 海外版ダゾーンのどちらかです。

わたしはセキュリティ強化するため VPN を使って、他のサブスク・サービスも利用しているので、後者です。

ではまた!

 

ピックアップ

  1. ガジェット

    【Anker PD充電器 Atom Ⅲ Slim レビュー】持ち運びに便利なコン…
  2. ライフ

    【Dyson Pure Hot+Cool レビュー】ヒーター×扇風機×空気清浄機…
  3. iPhone

    【ESR】iPhone ケースを買って失敗した3つの理由【レビュー】
  4. イヤホン

    イヤホンの掃除方法|Airpods、カナル型、無線式などタイプ別に汚れの取り方を…
  5. iPhone

    iPhone |埃を防止する Lightning コネクタ・カバー【レビュー】
PAGE TOP